プリーザン・キャンプ→ベネットレイク・徒歩の旅!

翌日、最高の天気と景色にめぐまれ、終着地ベネットへむかった。
途中、国境をこえてから道の様子が変ったことに気がついた。
カナダに入ってから、ひっそりとしたキャビンの建て方、細い道跡、必要最小限のケルンへと変わっていた。
そこには、自然と共に生きる人の美徳があり、徹底したロー・インパクト(自然への干渉を最小限にすること)を目指している意識が強く、どこか日本の質素な事への美徳へと通じるものがある気がする。

僕は、そのときハッっとした。ここまで歩いてきて一度もゴミが落ちているのを見ていない。 熊対策で厳重な食物管理をする事は、とても面倒なことだけど、めったに山に来ない連中が余暇をとってたくさん入ってきている。
しかも途中で食料などは手に入らないから、すべて持参ているはずだ。そんな中で、ゴミがまったくないという事実はスゴイ。それほど良識がみんなにあるのだろうけど、山で一度もゴミを見かけなかったのには感心した。 


マッキンリーの全貌、氷河をはさんで。
         氷河をはさんで見えるマッキンリーの全貌。
黒い氷河に白い雪山が印象的、ムルドロウ氷河より。
         黒い氷河に白い雪山が印象的、ムルドロウ氷河より。


ベネットレイク(最終ポイント)に着くとそこには、「世界の車窓から」でみるような素敵な駅が待っていた。
一日一便、昼の一時にスキャグウェイ行きの列車が来る。
日曜はこない。
その日は、土曜日でその列車に乗るための予約はあるから問題ない。
だから問題はない…が、それが問題であった。 
この湖のようなエメラルドのひろがる川の脇に線路がまっすぐ先へと続いている…。僕は、それを眺めているうちに、列車での帰り道とは逆の方に延びていくその直線に向かって吹いている強い風に誘われて心が移ろいでしまった。
伸びたヒゲを触りながらながら「スタンド・バイ・ミー」のようにレールの上をたどりながら歩く旅なんてのは、最高だろうと連想してはニヤニヤとその直線を見つめてしまった。

アラスカ鉄道のホワイト・パスのチケットを買ったのだが、僕はどうしてもそのまま帰る気にはなれなかった。 
このタイミングで鉄道に乗らないなら、歩いて来た山道を53kmもどるか、チルクートを越えてさらに進むかだ。 
ホワイト・パスはレトロな外観で、まだ出発前だというのにコーヒーサービスが始まっている。
山行で疲れた人達は足を投げ出して座ったまま、コーヒーを飲みながらまったりと景色をながめている。

その眺めている方向とは逆方向に、僕はどうしても「スタンド・バイ・ミー」がしてみたかった。
線路を歩いて途方にくれている自分の姿を想像しただけで、そこに充分なロマンがあった。
列車の汽笛が鳴ると、乗り込んだトレッカー達は、みな僕に手をふってくれた。
 「Have a nice trip !」
右左右と指で確認した鉄道員が、ぼくを見てわずかにウインクをして言った。
「Welcome to Alaska!」
列車がゆっくりと蒸気を吐きながら動き出し、あっというまにカーブして見えなくなると、最後の汽笛が聞こえて行ってしまった。その音を最後にまた静寂がもどり、反対方向のレールにそって歩き出した。
そこには、僕のために開かれた道が待っている。 なんとも刺激的な風が吹き、湖が波を立て、はるか先まで道があった。

100年前のガリンペイロはベネットから先は筏に乗って北を目指した。 僕は、かわりに鉄道のレールを歩いて金に代わる「何か」を求めて北を目指した。幸運なことに、宿でもらった地図にはベネットから鉄道の終点カークロスまでが記載されてあり、そこまでの距離が22マイルであることがわかった。
それに白夜の中を歩けば2日あれば着く自信もあったし、食料も切りつめればなんとかなりそうだった。

レールを歩き始めてまもなく、ぼろぼろに壊れた筏(いかだ)の残骸が打ちあがっていた。
いつ頃のものかわからないが、僕の頭の中は勝手に時代を超越していた。
一歩踏み出しただけで、みんなと反対方行に来たことを良かったと思った。さらに歩くと、看板に数字が書かれているものが現れた。またしばらく歩くと、同じ看板がありその数字が一つずつカウントされているようだった。やがて、この看板が1マイルごとに表示されていることに気がついた。
僕は看板の間をどのくらいのペースで進んでいるかを測ってみた。
1マイル20分くらい…。それでいけば、7、8時間歩きつづければカークロスに着く予定になる。

途中のアバラ屋で食事をした後、もくもくと歩いた。約100メートル間隔にレールの上に熊の糞がある。
それもすごく等間隔にあって、「縄張り」の表現方法であることだとすぐにわかった。
天気はいったん崩れたがすぐに回復し、午後8時ごろにやっと夕日に変化する。深夜0時まで夕日の状態が続く。

―途中、また熊に遭遇。
グリズリーも僕と同じ方向のレール沿いに歩き始めた。しょうがない。ベアスプレーを片手に、うしろから30メートルほど離れながら、つけるように歩いた。 これまで歩いてきて常に声を上げていたので、声がしゃがれてしまっていた。 
がらがら声で「Hey!Bear!」と呼ぶと、ちらっと後ろを振り返っただけで、また悠然とした態度で歩いていく。
クマは僕のことなどなんとも思っちゃいないようだ。
夕日が熊の体を照らし、金毛に見せた。四つ足で歩いている姿がシルエットとなりレールに長い影を落とす。
僕はその姿にみとれながら、ついていくように歩いた。 たまたま偶然出くわし同じ方向に向かって歩く二つの生き物。
それらが時間を共有したという事実がすばらしかった。

5、6分くらい経ったろうか、彼は途中でレールから脱線してブッシュの中に入っていった。
僕はそのスキに後ろからはやく追い越そうと、足早に進んで歩いた。
ところが、グリズリーは5メートル手前のブッシュからまた顔を出す。予想外の接近に、僕は足を止めた。彼も驚いて、再びブッシュに入り身を隠した。ブッシュの中で歩く熊は予想外に速いようだ。
しかも音を立てずに進むことができるらしい。だから、追い越そうにも追い越せなかった。
その後も、何度かブッシュから出たり入ったりを繰り返し、その度にお互いはぎこちない再会をした。
日が沈む頃には、その日、山道も合わせておよそ35キロ以上歩いていた。
線路の近くにテントを張って、日が昇るま で仮眠することにする。



このページ、トップへ!

ユーコンの川旅ではイクラをたくさん食べました。写真は拾ったサーモンから取り出したイクラを食べているところです。

自己紹介
名前    杉田
年齢     27歳
職業 税理士志望で勉強中。
趣味 フリークライミング
  アウトドア・MTB
居住地   福岡市

ユーコン川、カヌーひとり旅!はyahooカテゴリーに掲載されています。

ユーコン川、カヌーひとり旅!はyahooカテゴリー掲載サイトです。

>> yahooカテゴリ掲載先別ウインドウが開きます

ユーコン旅行の日程

旅のはじめに!

トレッキング(徒歩)編

ユーコン川、カヌー編

手作り筏(いかだ),川下り編

ヒッチハイク編

ユーコンで遇った動物や植物

キャンピングや旅行の注意事項

事前調査と各種リスト

リンク集

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 ユーコン川、カヌーひとり旅!. All rights reserved