カナダ(ユーコン準州)、アラスカで見た動物や植物!

ツンドラ地帯の紅葉した植物。                あちらこちらに実るブルーベリー。
ツンドラ地帯ならではの紅葉した植物たち。 ブルーベリー、丸々と太った実をつけて、至る所に実っている。
ユーコン準州、ホワイトホース下流で見た花。               白い綿毛をまとった植物。
ユーコン準州のユーコン川、ホワイトホース下流で見かけた花。 白い綿毛をまとった植物。
ツンドラのコケ。カラフルで多くの種類を見かけた。/ ファイヤーウィード。群落が、山ごと染め上げる。
ツンドラのコケ。カラフルでたくさんの種類を見かけた。 ファイヤーウィード。たまにすごい群落があり、山ごと染め上げていた。
   パイク!斑点があり歯が鋭いが、とても美味い。/  ユーコン川流域では多くのキノコを見かけた。
パイク!斑点がついていて歯がするどい。でも、とても美味い。 ユーコン川流域にはたくさんのキノコを見かけた。キノコに詳しい人にはグルメ旅行も可能かも。
  ベリーを食べるグリズリー(熊)デナリ・トカラット。/ 枝木を運ぶビーバー。デナリ・ワンダーレイク。
ベリーをむさぼり食べるグリズリー(熊)。デナリ・トカラットにて。 とても大きな木の枝を運ぶッビーバー。デナリ・ワンダーレイク付近にて。
ムースの親子、カーマックス下流にて。                 雁の群れ、デナリにて。
ムースの親子、カーマックス下流にて。まもなくやって来る冬に備えて渡りをする雁の群れ。デナリにて。
死んだカリブーの角。            デナリ・ムースクリークにて。
死んだカリブーの角だけが、見事な姿のまま残っていた。デナリ・ムースクリークにて。ユーコン川で釣れた魚

カナダ、ユーコン準州とアラスカ国境をまたぐユーコン川流域で出合った動物や植物など、目新しいものばかりでした。

○紅葉した植物、ブルーベリーやレッドベリーの群落などは初めて目にするこどが出来ましたが、日本での生活では野生のベリーの果実なんか食べたこともありませんでした。
また、ツンドラで見かけたカラフルなコケは、たくさんの種類を見つけることが できました。
ファイヤーウィードの群落を見つけたときはちょっとした感動でした。山全体を丸ごと 染め上げていた。北国に生息する魚たちにも驚きでした。

○パイク:鮮やかな斑点があるパイクは鋭い歯を持っているが食料としてはとても美味です。

○キノコ:知識不足の僕にはキノコを食料にする勇気はありませんでしたが、キノコに詳しい人ならよだれをたらすほど多数のキノコがあります。

○グリズリー(熊):野生のベリーをむさぼるように食べているグリズリーを遠方から観察できました。 あまり出逢いたくはない動物ですが、人間のほうが熊のテリトリーに侵入しなければ大丈夫なようでした。 それでもキャンピングのときは食料をけっしてテントサイトの近くなどには置かないよう要注意です。 こちらが熊のテリトリーに侵入しているようなものだから、それなりの対策は必要です。きちんと規定が あり、キャンプ中は一切の食料をテントからはなれたところの木にロープで吊り下げていました。

○ビーバー:この動物もテレビで見ただけの自分勝手なイメージとはまったく違います。カヌーでユーコン川を下っていると出会いましたが僕がビーバーの縄張りに侵入したようなものだから、相手は必死に威嚇行動を行い僕を追い払おうとします。デナリ・ワンダーレイク付近で見かけました。

○ムースの親子:カーマックスの下流域で見かけました。離れた距離で発見し、遠めに見るだけだからさしたることはありませんでした。

○カリブーの角:デナリ・ムースクリークでいくつも見つけました。骨と角だけが残されていましたが角の大きさから想像しただけでもかなりデッカイカリブーであることがわかりました。


このページ、トップへ!

ユーコンの川旅ではイクラをたくさん食べました。写真は拾ったサーモンから取り出したイクラを食べているところです。

自己紹介
名前    杉田
年齢     27歳
職業 税理士志望で勉強中。
趣味 フリークライミング
  アウトドア・MTB
居住地   福岡市

ユーコン川、カヌーひとり旅!はyahooカテゴリーに掲載されています。

ユーコン川、カヌーひとり旅!はyahooカテゴリー掲載サイトです。

>> yahooカテゴリ掲載先別ウインドウが開きます

ユーコン旅行の日程

旅のはじめに!

トレッキング(徒歩)編

ユーコン川、カヌー編

手作り筏(いかだ),川下り編

ヒッチハイク編

ユーコンで遇った動物や植物

キャンピングや旅行の注意事項

事前調査と各種リスト

リンク集

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 ユーコン川、カヌーひとり旅!. All rights reserved