ユーコン川下り、手作り筏編

流木だけでイカダを作り、自生する生木を切り出したりしなかったことを誇りに思い、「流木丸」と命名する。キャンプ場で仲良くなった松本さんに僕の流木丸(筏)の出航を手伝ってもらい、いよいよ僕にとって忘れないユーコン筏旅が始まる。

ひとまずは、沈まずにゆっくりとユーコン川を漂流するように流されていく。ぶっつけ本番であったが、自分らしい旅の形を実現できて喜びと緊張感とでいっぱいになる。
流木丸の舵取り用に長い竿を用意していたので、浅瀬は竿で川底や瀬に露出する岩などを突いてコントロールをしてバランスを取る。カヌーで川下りをしてたときは「漕ぎ進む」という表現に近いニュアンスだったが、流木丸はまさに「流される」だけでありほとんど制御不能に近いものがある。
パドルの代わりになるものを後ろに取り付けたがまるで役にたたず、左右にそのパドルを動かしても流木丸の進む方向が変化するわけでもなく、船体が左右に動くだけであった。
制御が利かないことで、その後たいへんな事態に遭遇することを僕はまだこの時点では気づいていない。

水流の力で削られた山。あちこちで見られるカットバンク。
         水流の力で削られた山。あちこちで見られるカットバンク。
長年風雨にさらされて風化した船と流木がユーコン川の岸辺に混在する。ドーソンにて!
         長年風雨にさらされて風化した船と流木がユーコン川の岸辺に混在する。
ドーソンから先はまた川幅が狭くなり、ユーコン川の流速がさらに速くなる。数10kmにわたり浅瀬は無く、今まであちらこちらにあった中州すら見当たらない。
自分の甘い予測では、仮に流木丸が制御不能でも中洲や浅瀬に流れ着きやがて停止するだろうと思っていた。ところが、停止できるような場所が見当たらず、最も流れが早くて水流の激しい瀬の部分へと流されていく。瀬の岩場に激突するたびに流木丸は飛ばされるようにくるくると回転しながら次の瀬へと吸い込まれるように流されていく。3重構造で丈夫なことだけが取り得の流木丸なので、ちょっとやそっとのクラッシュでは破壊されたりはしない。
でも筏そのものの重量が重いので、タイミング良く着岸するために漕ぎ進むなどまったく不可能であった。留まる事無く、そのままクラッシュしては流されることを繰り返し、竿や流木製のパドルで必死に抵抗する僕の体と心はすぐに限界に達した。夕方を過ぎ21時を回っても、停止することはなかった。
気温は一気に下降し、くるくる回る筏の上にただ横たわることしか出来ない。太陽が沈み、周囲が暗闇になると瀬の音だけが妙に大きく聞こえ、不安の中で、周囲の状態を確認すらできない。
少々、僕の精神状態は倒錯し、体温を維持するためにカナディアンウイスキーを胃に流し込む。
少しだけ流し込むのは良かったが、この瀬の音への恐怖と不安を紛らわすためにさらにウイスキーをあおる。そのうちに寒さと疲労と酔いでいつの間にか寝てしまう。
パドルを伝って滴が落ちて、ユーコン川に波紋ができる。ユーコン川下りの途中で見つけたあばら家。
         パドルを伝って滴が落ちる。                       ユーコン川下りの途中で見つけたあばら家
どのくらい寝たのだろうか、ハッと気づいたとき、空一面には緑や赤がうねりながら蠢く巨大なオーロラが現れていた。これまで見たオーロラの中でも一番激しくゆれ動き、光を強く放っては放射状に広がりつづけた。あまりの光の強さに、川面にオーロラが映し出され、あたりのカットバンクや木々を照らし出す。

         目覚めると、空一面にオーロラが広がる。


睡眠から覚めるや、今すごい場所に自分がいることに驚愕してしまう。一瞬そこが、どこなのかわからないくらいに。ちょっとばかり勇気が必要な大胆な旅をするとき、素敵なご褒美が待ち受けていることがある。夜通し川を漂流しないと味わえない光景だと思う。強い光を放ちながらうねるオーロラは、「シュー」っというような音が聞こえた気がしたが、酔っていたので勘違いかもしれない。
オーロラの照り返しのおかげで、瀬の方向が確認でき何とか切り抜けた。空が太陽で明るくなるころに、やっと流れが遅くなってきて浅瀬に流れ着く。ユーコン周辺の地図で、現在地を確認すると80kmも流されている。肉体的にも精神的にも疲労困憊し、テントを張って爆睡。
この浅瀬から地上のキャンプサイトで、翌日もその翌日も睡眠を取るけど疲労は解消できない。




このページ、トップへ!

ユーコンの川旅ではイクラをたくさん食べました。写真は拾ったサーモンから取り出したイクラを食べているところです。

自己紹介
名前    杉田
年齢     27歳
職業 税理士志望で勉強中。
趣味 フリークライミング
  アウトドア・MTB
居住地   福岡市

ユーコン川、カヌーひとり旅!はyahooカテゴリーに掲載されています。

ユーコン川、カヌーひとり旅!はyahooカテゴリー掲載サイトです。

>> yahooカテゴリ掲載先別ウインドウが開きます

ユーコン旅行の日程

旅のはじめに!

トレッキング(徒歩)編

ユーコン川、カヌー編

手作り筏(いかだ),川下り編

ヒッチハイク編

ユーコンで遇った動物や植物

キャンピングや旅行の注意事項

事前調査と各種リスト

リンク集

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 ユーコン川、カヌーひとり旅!. All rights reserved