ヒッチハイクでフェアバンクスへ!

イーグルで旅の友と別れを告げ、フェアバンクスまでヒッチハイクすることにした。
たまたまフェアバンクスに行く予定だった新婚さんたちの車に便乗することになり、ラッキーだったので一便で到着できた。この新婚さんとの会話で判ったことだが、彼らは日本の静岡在住でイギリス人の奥さんがアラスカ出身の夫の故郷を旅しているところだという。
もちろん日本語もOKだしアラスカの話も聞ける非常に快適な移動となった。

アラスカは、道行く人など基本的に助け合う精神がとても強い。厳しくて長い冬を越すためにも、普段からそういう習慣が強いように思われる。だから、アラスカ付近ではヒッチハイクは結構一般的だし、クルマを止めてくれる人も多い。デナリ国立公園からアンカレッジまでの道中もヒッチハイクで移動した。デナリからアンカレッジは、地図上で見ても判るが長い一直線の道路がある。日本の高速道のように程よいカーブをつけて居眠り防止やスピードを落としたりするような道ではない。
しかも前方の景色は広々として開けており、過ぎ去る風景は全然変わらないので助手席にいる僕は、つい居眠りをしてしまうほどだ。ヒッチハイク中は絶対居眠りをしないと決めていたが、冷えた僕の体は少しずつ暖房で温まると眠気に誘われいつの間にか熟睡してしまっていた。
幸運なことに何事もなくアンカレッジまで乗せてもらえたが、友人の話ではゲイのおっちゃんとか下心のある人もいるので用心にこした事はないそうだ。

ユーコンの川旅ではイクラをたくさん食べました。写真は拾ったサーモンから取り出したイクラを食べているところです。

自己紹介
名前    杉田
年齢     27歳
職業 税理士志望で勉強中。
趣味 フリークライミング
  アウトドア・MTB
居住地   福岡市

ユーコン川、カヌーひとり旅!はyahooカテゴリーに掲載されています。

ユーコン川、カヌーひとり旅!はyahooカテゴリー掲載サイトです。

>> yahooカテゴリ掲載先別ウインドウが開きます

ユーコン旅行の日程

旅のはじめに!

トレッキング(徒歩)編

ユーコン川、カヌー編

手作り筏(いかだ),川下り編

ヒッチハイク編

ユーコンで遇った動物や植物

キャンピングや旅行の注意事項

事前調査と各種リスト

リンク集

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 ユーコン川、カヌーひとり旅!. All rights reserved