ユーコン川本流へ!

8月1日〜
テスリン川をカヌーで下り、ユーコン川との合流地点からさらに下るとファイブ・フィンガーラピットという名前の大きな瀬があり、この瀬を超えるとだんだんと川幅が狭くなり流速が次第に増していく。
出発してからここまでは、沈したり転覆するような事故もなく無事に来られたことに感謝しながらパドルを操作する。気分的にもやっとカヌーツーリングを楽しめる気持ちの余裕が感じられる。
ここらあたりに来るとテスリン川のような水質で、透明感のあるライトグリーンから深みのあるグリーンに川の色が変わってくる。
(ファイブ・フィンガーラピットを過ぎたあたり一帯は特にグレイリングがよく釣れ、5回連続で1キャスト・1フィッシュという経験をさせてもらった。)

ユーコン川の水の色がはっきりと変わるのが判る。

ここらあたりの景色は、今まで360度のパノラマから次第に木々が生い茂る森の中に入り込むような状景が増えてくる。この時期のユーコンは8月と言えども朝晩はそれなりに気温が低下して冷え込むことが多いけど、昼間の日差しが強い日などは全裸になりたいほど暑い。川旅をしているあいだ中、滅多に人に会うこともないし本当に全裸になって、カヌーの先頭に仁王立ちしてパドルを肩にかけたまま遠くを見わたしたりして自分の野生と開放感を楽しんでいた。

ファイブ・フィンガーラビットという大きな瀬を越えるとだんだんと川幅が狭くなり流速も速くなる。川岸に姿を見せる雌のムース

時折、川岸には森のなかからムースのメスが突然に現れてユーコンン川を流されながら川下りをしている僕の姿を発見してキョトンとしている。野生のムースを見るのは初めての僕は、そのままの姿勢でムースの姿に視点が釘付けになる。アウトドアではどういう事態に遭遇するのかわからない。(だから楽しさも倍増するんだろうけど!)
たまたま川幅が狭いところを通過中だったため、ムースと僕はお互いの距離4メートルほどを隔ててカヌーは通過し、何事もなく通り過ぎていった。ムースは終始そこから動かずに僕を凝視していた。
おそらく自分のテリトリー近くを通過する他の動物を認識するかのような感じである。


生き物同士の対峙とは、熊にせよ、魚にせよ、ムースにせよ、よりパーソナルなものであると感じた。動物同士、互いに生きているという共通点以外に、それぞれが感じるインスピレーションがある。生き物の種類を超えて、たとえばこの熊は落ち着いていると感じたりすることがある。
生きてきた世界を超えた一瞬の対峙がこのアラスカ・ユーコンにはあり野生の中にある貴重な経験ができるところだと思った。

水面上に姿を見せるビーバー

ユーコンでは川の流れが蛇行したところに、たくさんの流木が流れ着き大量の浮遊物として浮かんでいることがある。
こんな所をさらによく観察すると川岸にもたくさん流木が積み上げられていたりする。
こういうところにはビーバーの巣穴があったりすることが多く、縄張り意識の強いビーバーはカヌーに潜水しながら近づいてきては近くで浮上して、水面上を尻尾でバシャバシャと叩きつけてまた潜る動作を反復し、その飛沫が時々僕にかかったりする。
威嚇しているのかもしれない。
しつこいビーバーが多く、て大体5分以上は追い回してきては飛沫をかけてまわる。
それまでビーバーはかわいい生き物だとおもっていたが大きいのは体長1mを超えるし、敵意むき出しで執拗なので自分の中での可愛いイメージとは正反対だ。
(動物本来のテリトリーを守る守備本能の表れだけなのかもしれないが!)


このページ、トップへ!


ユーコンの川旅ではイクラをたくさん食べました。写真は拾ったサーモンから取り出したイクラを食べているところです。

自己紹介
名前    杉田
年齢     27歳
職業 税理士志望で勉強中。
趣味 フリークライミング
  アウトドア・MTB
居住地   福岡市

ユーコン川、カヌーひとり旅!はyahooカテゴリーに掲載されています。

ユーコン川、カヌーひとり旅!はyahooカテゴリー掲載サイトです。

>> yahooカテゴリ掲載先別ウインドウが開きます

ユーコン旅行の日程

旅のはじめに!

トレッキング(徒歩)編

ユーコン川、カヌー編

手作り筏(いかだ),川下り編

ヒッチハイク編

ユーコンで遇った動物や植物

キャンピングや旅行の注意事項

事前調査と各種リスト

リンク集

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 ユーコン川、カヌーひとり旅!. All rights reserved