テスリン川〜川旅のスタート!

●7/27日〜

カヌーを車に積んでユーコン川の上流にある支流のテスリン川に向かう。
支流のテスリン川から直接本流のユーコン川に下る予定だ。
確かジョンソン橋がスタート地点で、このあたりの川の水はきれいなグリーンの色をしている。いよいよスタートだ!最初はしばらくの間、パドルを使用せずに流れにまかせて流されてみることにした。あたりは空と川と山だけしか見あたらない。
川面にはあちらこちらからぶつかり合い、湧き出すような流れのポイントが多数ある。流されているうちはまったくといって良いほど静かであることに驚いた。
川旅の始まりがこんなに静かであるとは思いもよらなかった。





ユーコン川上流にある支流、テスリン川を下る川旅の始まり。
ユーコン川上流にある支流、テスリン川を下る川旅の始まり。 ホワイトホースの街で買ったテスリン川の川地図

この静寂を破ったのは、この川に潜む大きな魚達だった。虫を食べるためか、川面の上の世界を見るためなのか、ジャボンジャボンとライズしてはその大きな魚体を水面に叩きつける。
しばらくするとまた違う場所で水面を叩きつけ、静寂をやぶる。
ユーコンの魚達は好奇心旺盛なようで、カヌーを浮かべた珍客を見るために連鎖して飛び跳ねているように思えてしまう。

シングルパドルでカヌーを前進させようと、オールをパドリングするけど舟艇はまっすぐに向いてくれずクルクル回りながら流されていく。
この現実に、カヌーのコントロールが限りなく経験ゼロに近い僕には難しいものだと実感させられた。
多少の無鉄砲は自覚しながらも、旅する時間、川も食料もある僕にとって、経験は今積めばいいものだと思いなおす。
8mmロープでオールをくくりつけてダブルパドルを作った。
安直だがパドルの予備をつなぎ合わせて、ダブルパドルを作りカヤックスタイルのパドリングをやってみることにした。旅はその場の直感で動き、工夫する能力を発揮するチャンスだ。
正しいやり方は知らないけど、自分のさじ加減ひとつでそういうこと一つ一つを自由にチョイスしていけるおおらかな旅の形は最高にすばらしいと思う。ずっと前に自転車旅行をやったとき、日に日に距離を伸ばしていけることに喜びを感じる自分らしい旅ができた。純粋に自転車で一日100キロ進めた喜びや米が初めてうまく炊けた時の喜びは、旅することで会得できたという過程があり、それが財産となっている。

カヌーが横向きになっているとき突然、強風が川下から吹いてきてカヌーの横っ面にあたり、いきなり逆に流されていく。ついさっきまで穏やかだった湖面は急に白い波が立ち始め、体勢の悪いカヌーに追い討ちをかける。一瞬、沈(ひっくり返る。)しそうになったが、体重をシフトさせて踏みとどまるけど、かなり焦ってしまう。横向きで流されていくカヌーの状態がこんなにバランスが悪いなんて、このときはじめて経験した。すかさず、舟艇を前に向けると風の抵抗が減って安定する。それからは、強風に備えて常に漕ぎ続けることにした。突風がカヌーを押し戻そうとするたびに、全力でパドリングする。

川旅なんて流れていれば目的地に着くものかと思っていたが、それどころか押し戻されそうになるなんて想定外の出来事だ。





キャンプサイトでテントを張りくつろぐ。 ユーコン川で釣り上げたホワイトフィッシュ。

やっと湖を通り抜け川の流れが戻ったころ、キャンプするのに適当な場所を見つけたのでカヌーを着岸させて野営することにした。日没を迎え暗闇がくれば、眠くもなるのだろうが22時になってもまだ明るい。これがユーコンの白夜だ。
午前0時を過ぎた頃にやっと夕日のヘリオトロープのような空模様となり、やっと僕の体も睡魔が襲う。薄白い夜のひと時の眠りの中、夜空には青白いオーロラが揺らめく。
その空の下で毎晩テントを張り、ユーコンの魚を釣り上げては調理して食べ、また翌朝にはカヌーで川を下り、またテントを張る生活・・・・。
ユーコンで生きる動植物達と川と空と山の世界がどこまでも続く。


このページ、トップへ!


ユーコンの川旅ではイクラをたくさん食べました。写真は拾ったサーモンから取り出したイクラを食べているところです。

自己紹介
名前    杉田
年齢     27歳
職業 税理士志望で勉強中。
趣味 フリークライミング
  アウトドア・MTB
居住地   福岡市

ユーコン川、カヌーひとり旅!はyahooカテゴリーに掲載されています。

ユーコン川、カヌーひとり旅!はyahooカテゴリー掲載サイトです。

>> yahooカテゴリ掲載先別ウインドウが開きます

ユーコン旅行の日程

旅のはじめに!

トレッキング(徒歩)編

ユーコン川、カヌー編

手作り筏(いかだ),川下り編

ヒッチハイク編

ユーコンで遇った動物や植物

キャンピングや旅行の注意事項

事前調査と各種リスト

リンク集

スポンサードリンク

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2006 ユーコン川、カヌーひとり旅!. All rights reserved